企業行動指針

企業行動指針

企業は、社会に製品・サービスを提供し、公正な競争によって社会から利益をいただくだけではなく、広く社会にとって有用な存在であることが求められています。そのためにわたしたちは、次の原則に基づき、国内外を問わず、すべての法律、国際ルールおよびその精神を順守し社会的良識をもって行動します。

  • 社会に対して信頼性と安全性の高い製品とサービスを開発提供します。
  • 不正のない透明性のある自由な競争を行います。
  • 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を公正かつ積極的に開示します。
  • 環境問題への取り組みは企業の存在と活動に必須の条件であることを認識し、自主的、積極的に行動します。
  • 積極的な社会貢献活動によって明るい地域社会づくりを行います。
  • 安全で働きやすい職場環境を確保するとともに、社員の人格と個性を尊重しつつ、社員の努力と成果に応じた豊かさを実現します。
  • 社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的行為に対しては断固として対決します。
  • 国際社会の一員として、その文化や慣習を尊重し、現地の発展に貢献する企業を目指します。
  • 経営トップは率先垂範して企業行動指針の徹底を図り、本指針に反するような事態が発生した場合は、自らが問題解決にあたり、原因の究明・再発の防止・的確な情報公開・厳正な処分を迅速に行います。
  • すべての国・地域において、一切の児童労働・強制労働を禁止します。

企業行動指針

1

作業改善シミュレーション
現在の作業に当社のハカリをご導入頂いた場合の、経済メリットを表現いたします。