YAMATO-大和製衡-

English

TEL:078-918-5555
受付時間/9:00~17:00(土日祝日を除く)

お問い合わせはこちら

SOLAS条約の改正によるコンテナ重量管理問題は大和製衡のはかりで解決できます!

SOLAS条約の改正に伴い、船積み前のコンテナ重量管理について、お悩みではないでしょうか?

大和製衡は計量機器の総合メーカーとして、「はかり」で解決をします。

SOLAS条約の改正について

IMO(国際海事機関)における規制強化(SOLAS条約改正)により、
荷送人は船積み前のコンテナ総重量を確定させる責任を
負うことになりました。

SOLAS条約(海上人命安全条約)附属書第6章の改正により、荷送人に対して船積み前のコンテナ総重量計量・申告が義務付けられることとなりました。
2016年7月1日より、国際輸送を行うコンテナについては、条約において定められた方法を用いてコンテナ重量を船積み前に提供する必要があります。

SOLAS条約改正によるコンテナ重量管理の解決方法

解決方法1 トラックスケールで総重量を計量

大和製衡は、コンテナ総重量の計量では、
簡易走行型トラックスケールでお悩みを解決致します。

簡易走行型トラックスケールについて詳しく見る

輸入および輸出コンテナ重量管理の多種多様なお悩みの解決には

下記のトラックスケールで、ご要望にお応えすることができます。

3次元重心位置測定機能付きトラックスケールについて詳しく見る
次世代トラックスケールについて詳しく見る

解決方法2 デジタル台はかりで積み上げ計量

※船積み前のコンテナの計量については、当社または取扱販売店にお気軽にご相談ください。