ここで紹介しているもの以外にも、たくさんの製作案件がございます。
詳しくはお問い合わせください。


TSDW-205Wによる提案

アイコン自動排出機構付卓上デ一タウェイTM  TSDW-205W と
      オ一トチェッカとの連動による大容量パック対応

オートチェッカの特徴

ジャガイモ1kgパック詰め作業の従来の問題点

アイコン改善提案

8割の大投入を用いることで、TSDWから排出される残り2割は、 2~3ユニットとなり排出後も複数の計量ユニットに計量物が残ることから次の組合せがすぐに行え、 TSDW本来のパフォ一マンスを発揮することができます。

目標重量の8割をオートチェッカで計算し不足2割をTSDWから排出次の組み合わせ作業に待ち時間は入りません

アイコン省力化メリット

具体的少力化解説図

納入事例 CASE EXAMPLE]

1

作業改善シミュレーション
現在の作業に当社のはかりをご導入頂いた場合の、経済メリットを表現いたします。