社員からのメッセージ

03message:○○○○○○○○○○○

伊藤 大輔(いとう だいすけ)

自動機製造課 / 2006年入社

大和製衡に入社した理由を教えてください。
父親の影響で幼い頃から、ものつくりの仕事がしたい!、一生工具を握り締めて働きたい!
という気持ちが強く、高専卒業後は現場で働くと決めていました。
就職活動を行う中で地元でもある兵庫県・明石市の大和製衡のことを知ってから、日常生活に「重さを量る」ってありふれているんだなと感じるようになり、国内だけでなく海外にも多くの販社があるこの会社なら世界を相手に現場を飛びまわれると思い入社を希望しました。
現在の仕事内容と、そのやりがいや面白さを教えてください。
入社以来8 年間、全自動組合計量機「データウェイ」の組立・調整・出張業務( 据付工事・アフターサービス) を行っています。
組合計量機とは、一台のマシンに複数の秤を有しており、個別に計量した被計量物( 代表的な物:スナック菓子やピロー包装キャンディなど) を組み合わせて目標とする重量を作りだすもので、大手菓子メーカー様や食品生産ラインで稼動している、弊社の主力商品です。
出張業務では日本国内のみならず、海外での仕事も多く、自分の仕事の出来不出来でお客様の生産計画に大きな影響を与えることから、常に緊張感の中での仕事になりますが、世界の食品生産加工業の最先端を肌で感じながら仕事が出来るとことにやりがいを感じます。
皆さんが今日コンビニやスーパーで購入されたお菓子は、私が調整したデータウェイで量られているかもしれませんね!
就活中の学生へのメッセージをお願いします。
社会人になって常々思うのは、個人の能力も大事ですが、もっとも大事なことはチームの中でいかに自分が輝けるかということであると思います。
弊社のような業種は、1人のスーパーサラリーマンがいくらがんばっても、会社は回りません。
同じ部署内はもちろんですが、他部署とのかかわりあいすべてが噛みあってこそお客様に満足頂く製品を生み出すことができます。そして1 人では到底出来ないようなスケールの大きな仕事(金額、場所、数量など)がチームでは可能になります。